リハビリのご案内

リハビリについて

地域での健やかな生活のために、リハビリのバトンを繋ぐ

私たちは、患者さんができるだけ元通りの生活を送ることができるようになるために、身体機能・能力の回復のお手伝いをします。入院中だけでなく、退院後も地域社会で生き生きとした生活を続けられるよう、急性期、回復期、生活期の3つのステージが連携することで、患者さん一人ひとり合わせた切れ目のないリハビリテーションを提供します。

入院から退院、その後のリハビリの流れ

当院では入院中のリハビリはもちろん、退院後もできるだけ健やかに生活を続けられるようバックアップを致します。
発症直後の急性期、機能回復段階の回復期、機能を維持していく段階の生活期の3つの病期で、切れ目のないリハビリを提供できる体制をとっています。

急性期(白十字病院)

病気やケガの治療に続いて、過度な安静による機能・能力の低下を予防する目的で、早期にリハビリが開始されます。
急性期から回復期に転院する際はリハビリテーション添書(リハビリテーションバトンシート)を用いて、患者さんの情報を引き継ぐことで、その後のリハビリへスムーズに繋げます。

回復期(白十字リハビリテーション病院)

退院後の生活イメージに合わせて365日リハビリを行っています。毎日のリハビリ以外にも、診療やリハビリ等がない余暇時間の有効活用や、退院後も獲得した機能・能力の維持を目的として、自主訓練など“自助力”に対しても入院中に提案しております。また、他にも頭と体の体操などのレクレーションなども余暇時間を利用して行っています。

生活期(在宅サービス)

退院後もお変わりなく持続的な生活を送れるようにご支援します。当院では訪問リハビリ、通所リハビリなどの様々なサービスをご用意しております。退院後の実際の生活を通して困ったことがあれば全力でバックアップします。

入院中の一日の流れ

私たちは、理学療法・作業療法・言語聴覚療法が提供する“いわゆるリハビリ”の時間だけがリハビリとはとらえていません。入院生活の中で行って頂く一つひとつの動作がリハビリと考えています。生活に根差したリハビリのために、ミーティングやカンファレンスでの他職種での密な情報共有や、ADL表などの活用を行うことで、日ごろから患者さんの持っている能力を引き出せる環境づくりをしています。更に、その他の時間を少しでも有効活用できるように、自主練種の提案、体操などの体を動かすレクレーション等も行っています。

一日の流れの例

回復期

図に示す時間以外でも、病棟の看護師、ケアスタッフが生活のお手伝いをする中で、できるだけご本人の能力を引き出せるようサポートいたします。

リハビリに主に関わるスタッフ

私たちがリハビリのお手伝いをします。

  • 理学療法士

    起き上がり、乗り移り、歩行など、人が生活していく上で基本となる動作(基本的動作)のリハビリをします。

  • 作業療法士

    食事、整容、更衣、排泄、入浴動作など、日常生活を送る上で必要なの動作(日常生活動作)のリハビリをします。

  • 言語聴覚士

    話す聞くのコミュニケーション、食事の飲み込みなど、お口のリハビリをします。

  • 病棟スタッフ(看護師・ケアスタッフなど)

    リハビリで獲得した“できる能力”を、できる限り入院中の生活に取り入れ、“している能力”に繋げられるようにお手伝いをします。