職種

内科専攻医

ごあいさつ

当院は福岡市西区唯一の地域支援病院として地域医療を担っています。病院は2021年に新築移転を完了し、高齢化に伴い増加する脳卒中や心血管疾患に対して脳卒中センター(血栓回収)、心臓・弁膜症センターを開設し、神経・循環器救急に広く対応できるようになりました。在宅診療支援、一般内科救急のほか、糖尿病、腎臓病、呼吸器などの慢性疾患や悪性腫瘍をはじめとする消化器疾患にも力を入れています。当院ではcommon diseasesを中心に内科疾患を広く研修することが可能です。
 当院では新内科専門医制度が始まる前は後期研修医を採用していましたが、現在の専門医制度になってからは九州大学や福岡大学の連携施設として内科専攻医を迎えています。しかし、内科専攻医の応募の問い合わせが当院にあるため今回「白十字病院内科専門研修プログラム」を新たに申請し、2021年度より基幹施設としても内科専門研修をおこなうことになりました。現在、福岡県はシーリングのため内科専攻医数が制限されており、当院の定員はわずか3名ですが、大病院にはない各科間の風通しのよい、自由度が高い研修が可能です。また、年功序列にとらわれない人事制度や医療秘書の配置など内科専攻医の先生方に働きやすい病院を目指しています。是非、新しい病院でともに働きましょう。
研修委員会委員長 副院長 岩瀬正典