白十字会の取組みについて

診療看護師・特定看護師

地域の皆様へ

厚生労働省は、2015年秋「特定行為に係る看護師の研修制度」をスタートさせました。2025年に向けて、さらなる在宅医療などの推進を図っていくためには、個別に熟練した看護師のみでは足りず、医師又は歯科医師の判断を待たずに、医師・歯科医師があらかじめ作成した手順書(指示)に則って、一定の診療の補助をおこなう看護師を養成しています。研修を修了した看護師は、従来の看護師よりも幅広い医療行為をおこない、レベルの高い技術と看護を提供していきます。

診療看護師について

診療看護師(NP)とは

診療看護師(nurse Practitioner;ナースプラクティショナー 以下NP)とは、看護職でありながら、医師サイドにたった診療を一定の制限でおこなえる、新しい職種の看護師です。具体的には今まで医師しかおこなうことができなかった動脈採血や呼吸器設定、内服調整などの医療行為を、直接的指示もしくは特定行為手順書※に沿っておこなえる様になりました。看護師をバックグランドに持ちながら、医師やコメディカルとの共通言語を持っているため、チーム医療の架け橋としての役割を担っております。
また患者さんやそのご家族に対しても現状や今後の検査・治療方針を分かりやすい言葉で説明することが可能であるため、患者さんのご家族へのニーズをタイムリーに提供する事ができるのが魅力のひとつです。

※特定行為とは、診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には実践的な理解力、思考及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技術が特に必要とされる38行為の事。(厚生労働省ホームページより)

診療看護師の紹介

伊禮 美央

私は2020年にNP資格認定試験に合格し、NP資格を取得しました。現在は、臨床研修センターに所属し、研修医の先生方と共に各診療科を回るローテート研修をおこなっております。私は看護師であるため院内の多職種から話しかけやすい立場であると思います。その立場を利用し、“医師の思考と看護師の心を持った、チーム医療のクッション材”として様々な職種のスペシャリストの声を医師に届け、患者さんにとって最善の医療を提供できる一助を担っていきたいと考えております。

特定看護師について

特定看護師とは

「特定行為に係る看護師の研修制度」を履修した看護師のことを指します。医師の指示を待たなくても、手順書を確認しながら修了した特定行為区分(医療行為)の処置ができます。(21区分38行為)

特定看護師の紹介

牛島 めぐみ

当法人の特定看護師は、日本看護協会が策定した資格認定制度の資格の一つで集中ケア認定看護師の資格を持っており、認定看護師として7年の実績があります。2020年特定行為研修を終了し、現在ICUにて勤務しています。ICUに入院される患者さんだけでなく、一般病棟に入院される患者さんも含め、状態変化が予測される患者さんに対して適切にアセスメントをおこない、重篤化の回避ができるような関わりをしていきたいと思います。また患者さんの「その人らしさ」を大切に回復を促進させられるケアを提供していきたいと思います。

※当法人の特定看護師は、特定行為6区分15行為(呼吸器に係るもの、動脈血ガス分析、栄養に係るカテーテル管理、栄養及び水分量に係る薬剤管理、循環動態に係る薬剤管理)が実施できます。