内科系カリキュラム

糖尿病内科

激増する糖尿病、特に2型糖尿病は、自覚症状がなく、治療の最大の柱である食事療法と運動療法は患者様自身の自己管理によります。そのためには、患者様に納得される患者教育、正しい知識の提供を支援する体制が必要です。

消化器内科

当院は地域の中核医療機関の一つであり、年間受け入れ救急車数は約3,000台である。そのため、消化器内視鏡科では、豊富な症例数と検査件数、多種多様な疾患を扱うことができる環境にあり、検査と治療、患者様を通じて、消化器内科専門医としての専門知識を効率よく修得することが可能である。

肝臓内科

当科では肝臓内科専門医が常勤しており、肝臓疾患全般の診療を行っています。主な診療疾患としては急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌であり、また肝硬変に伴う食道胃静脈瘤に対しての内視鏡治療も当科で行っています。

腎臓内科

当科では、検尿異常から血液透析(シャント手術を含む)まで全ての治療を自ら行います。福岡西武地区センターとして多数の患者様を加療。腎臓内科医としての充実した研修が受けられます。

循環器内科

当院は循環器専門医研修施設であり、現在4名の循環器専門医が常勤しています。
スタッフは循環器専門医の他に日本心血管インターベンション治療学会専門医・ACLSプロバイダー・JPTECプロバイダーなど取得しており、高い指導能力を備えています。
シニアレジデントの到達目標としては、あらゆる循環器疾患に対して専門的な診断および治療が行えるようになることであり、急性心筋梗塞・心原性ショック・致死性不整脈などの救急疾患を通して救急蘇生を身につけることができ、心臓カテーテル法を含めた侵襲的検査・治療の技術も習得することができます。