救急部後期研修プログラム

放射線科

放射線科専門医(診断)修練機関です。CT、MRI、RI検査、読影、血管造影検査・IVR(主にHCCのTACE)手技、読影を修練します。

救命救急部

当院では地域の需要に応え積極的に救急医療を行っています。救命救急部は平成24年度より設立され、現在ER型救急システムの体制で稼働しています。福岡大学救急救命センターからの非常勤スタッフの応援を受け、福岡市西地区・糸島地区の2次救急医療施設の拠点として、年間おおよそ3500台の救急搬送のトリアージおよび初療をおこなっています。うち約1700名が各専門科の協力を得て入院管理を行っており、サポート体制も充実しております。研修医教育に関して『全ての救急患者を横断的に診て救急初期診療を行う能力』を養うことを目標に診断学を基本とした臨床経験を能動的にできる環境整備を心がけています。