病院長挨拶

白十字病院は地域医療の中核病院(地域医療支援病院:2012年7月承認)として、専門医療、救急医療、在宅復帰支援、在宅療養後方支援に力を入れた医療を展開しています。今後、超高齢化社会に向かうなかで、患者さん各々の背景まで考慮した医療提供が重要となってきます。地域医療に立脚してこのような医療を研修、実践、習得できることは当院での臨床研修の魅力の一つと考えています。
当院はワンフロアの総合医局制であり、診療科間の垣根が低く気軽に相談できる雰囲気が特徴です。またメディカルスタッフが元気で明るく、院内はあいさつ、声掛け、笑顔が溢れています。そのような環境で行われる“チーム医療”は白十字病院の代名詞となっています。即ち基本的臨床能力の形成には持って来いの場が準備されています。
白十字病院は、臨床研修医のみなさんが、医療知識、技術を身に着けるだけでなく、医療人としての強い使命感や、思いやりのある暖かい心を持った医師として育つことを心から願っています。これからの医療人生が夢溢れるものとなるように白十字病院の臨床研修の場を利用して大きく羽ばたいてください。