平成28年度 社会医療法人財団 白十字会 白十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 49 120 132 414 497 1275 1795 1569 537
当院の患者分布は福岡市西区・早良区・中央区と糸島市であり、その地域では現在でも人口増加がみられています。
当院の救急車搬入台数は年間3800台以上と年々増加しています。年齢階級別退院患者数でのピークは昨年と同様に70歳代にあり、日本の進んでいる高齢化社会を反映している所見かと思われます。
当院では小児科を有さないため、学童期の症例は少数です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、陳旧性心筋梗塞 心臓カテーテル法による諸検査 114 5.04 3.06 1.75% 68.95 心臓カテーテル検査
050130xx99000x 心不全 手術なし 71 39.23 17.95 4.23% 84.32 心不全パス
050050xx02000x 狭心症、陳旧性心筋梗塞 経皮的冠動脈ステント留置術 等 65 5.66 4.71 1.54% 68.55
050030xx97000x 急性心筋梗塞 経皮的冠動脈ステント留置術 30 20.70 13.02 0.00% 66.67 急性心筋梗塞A
急性心筋梗塞B
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 27 28.74 21.25 7.41% 83.48
当院循環器内科で最も多い症例は狭心症、陳旧性心筋梗塞に対する心臓カテーテル検査(CAG)入院でした。これは地域の先生方の日常診療において急変するリスクの高い虚血性心疾患患者の鑑別を多くご依頼頂いている為です。当院の外来に於いては心臓超音波検査を中心に薬物負荷心エコー(CFR、DSE)を導入することで虚血性心疾患に対する治療適応度が一層増し、心臓カテーテル検査(CAG)の必要性、経皮的冠動脈形成術(PCI)の適応度が確実なものとなった事にも起因すると考えております。次に症例が多いのは心不全であり、心不全は循環器疾患の最終病態であり、その原因は症例によってさまざまであります。このため心不全治療を行うとともに、まずはその病因精査を確実に行なったうえで治療方針を決定しております。また、心不全の急性期に対しての集中治療から慢性期における心臓リハビリテーションを含めた総合的な管理を行う事で、より密接な地域医療への貢献を目指しております。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x110 2型糖尿病腎/神経学的/眼合併症あり インスリン製剤 認知症、胃の悪性腫瘍、肝硬変等の副傷病有 65 17.52 16.31 0.00% 66.32 血糖コントロール入院
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 29 49.10 21.25 17.24% 89.14
100070xx99x010 2型糖尿病腎/神経学的/眼合併あり 認知症、胃の悪性腫瘍、肝硬変等の副傷病有 20 16.80 12.46 0.00% 66.15 血糖コントロール入院
100070xx99x100 2型糖尿病腎/神経学的/眼合併あり インスリン製剤 19 14.95 14.61 5.26% 54.00 血糖コントロール入院
110310xx99xx0x 尿路感染症、急性腎盂腎炎 手術なし 18 24.00 12.43 11.11% 78.22
糖尿病内科の症例で最も多いのは、2型糖尿病の治療です。大部分の2型糖尿病は外来で治療可能ですが、著しい高血糖や体重減少や倦怠感など自覚症状が強い場合は入院加療になります。入院中患者さんは糖尿病教室に参加して糖尿病の自己管理を会得するとともに、糖毒性(高血糖の悪循環)を解除するため強化インスリン療法を施行しています。また、当科への紹介患者は三大合併症を有する患者や認知症やフレイル、サルコペニアを合併する患者が多く、糖尿病の基幹病院の特徴と言えます。
また、当院では感染症(肺炎、尿路感染症)は内科系各科が分担して診療を行っています。これらの患者さんはほとんどが救急入院であり、当院が地域の救急医療を担っている証でもあります。
脳血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 手術なし エダラボンあり 73 37.92 16.54 9.59% 70.47 脳梗塞A
脳梗塞B
脳梗塞C
010230xx99x00x てんかん 手術なし 33 12.52 7.12 3.03% 63.45
030400xx99xxxx 末梢性めまい症 手術なし 28 4.57 5.24 0.00% 69.61
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 22 59.45 21.25 31.82% 81.05
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術なし 21 7.90 6.38 0.00% 66.00
脳梗塞症例数は年間250から300例の入院があり、脳血管内科では脳梗塞・一過性脳虚血発作の症例数が多くを占め、年間20例前後のrt-PA静注療法も行っています。脳梗塞急性期の症例は基本的に緊急入院の対象となり、脳梗塞に対する治療は点滴と内服薬での管理を行い、入院中の検査と治療の結果によって再発予防の治療戦略を立てていきます。また最近高齢者の痙攣患者は増加しており、抗てんかん薬の適応を考慮しています。脳血管内科では内科一般疾患もみており、めまいや肺炎の患者も入院加療されています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx1x 大腸ポリープ 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 458 2.95 5.97 0.00% 69.80 大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)
大腸ポリペクトミー
060102xx99xxxx 結腸憩室症 手術なし 78 5.31 7.89 1.28% 71.23
060035xx99x00x 大腸癌、大腸癌の疑い 手術なし 43 3.74 7.20 2.33% 74.88 大腸検査
060100xx99xxxx 大腸ポリープ 手術なし 39 2.18 3.00 0.00% 74.67 大腸検査
060100xx01xx0x 大腸ポリープ 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 30 5.10 2.72 0.00% 62.17 大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)
大腸ポリペクトミー
消化器内科では消化管の感染症から悪性腫瘍まで多種多様の疾患を扱っています。当科が扱っている疾患の中で最も多く、最近著しく増加している疾患は大腸の腫瘍(癌、腺腫)です。近年、日本人の食生活の欧米化や飲酒量の増加などが原因で大腸癌が増えています。大腸癌のほとんどは良性の腺腫を起源としており、定期的に内視鏡検査を行って、癌になる前の状態で内視鏡治療を行うことが欧米でも本邦でも推奨されています。また、最近増加している疾患としては、高齢化社会を反映した大腸の憩室疾患(憩室出血や憩室炎など)があります。中でも憩室出血は緊急を要する場合も多く、血便を認めた場合は早めに受診していただき、緊急内視鏡を受けていただく必要があります。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 腎不全、IgA腎症 手術なし 56 11.63 12.84 3.57% 70.18
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 21 35.38 21.25 14.29% 84.90
030400xx99xxxx 末梢性めまい症 手術なし 15 5.13 5.24 6.67% 75.20
110280xx99010x 腎不全、末期腎不全 人工透析 - - - - -
110280xx02x1xx 腎不全、末期腎不全 内シャント設置術等、人工透析 - - - - -
腎臓内科の症例で最も多いのは、慢性腎不全の治療です。慢性腎不全は外来で治療可能ですが、食事指導 血圧管理 全身精査のために評価教育入院を行っています。但し同疾患は血管合併症が多くまた易感染状態のためその合併症管理のために当科入院となることも多くなっています。4位5位の末期腎不全とは透析導入前の内シャント作成 あるいは腹膜カテーテル挿入術のための入院です。内科ではありますが手術など当科で対応しています。
また、2位3位の疾患は勿論当科の専門領域ではありませんが、当院には総合診療部と呼吸器内科がないため、内科系各科が分担して診療を行っています。これらの患者さんはほとんどが救急入院であり、当院が地域の救急医療を担っている証でもあります。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝細胞癌 血管塞栓術 等 34 12.06 11.74 0.00% 74.97 TAE:肝動脈塞栓療法
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 等 26 16.08 16.16 3.85% 58.04
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 23 18.78 13.50 8.70% 69.87
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 手術なし 17 16.06 10.33 17.65% 76.06
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 等 16 16.50 14.28 6.25% 63.63 食道静脈瘤(結紮術)
当院では慢性肝疾患を背景に、肝細胞癌に罹患する患者さんが多くおられます。肝細胞癌の治療方法は癌や全身状態のみならず、肝障害の程度にも大きく左右されます。そのため治療方法は多岐にわたります。当院では外科手術、カテーテル治療、エコーガイド下の局所治療および化学療法などを行っています。肝細胞癌以外でも、肝硬変が進行すると様々な合併症を生じます。食道静脈瘤もその一つであり、破裂すると多量の出血(吐血)を生じ、緊急の止血術が必要になります。肝性腹水、肝性脳症も入院加療を要する合併症であり、緊急入院を要することも多くあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 内視鏡的胆道ステント留置術/内視鏡的胆道結石除去術 等 202 7.64 11.06 5.45% 78.50 内視鏡的逆行性胆道膵管造影
060160x001xxxx 鼠経ヘルニア ヘルニア手術 52 3.17 5.29 1.92% 66.67 ヘルニア根治術
060210xx99000x 癒着性イレウス、麻痺性イレウス 手術なし 45 11.62 9.08 4.44% 72.44
060330xx02xxxx 胆のう結石症 腹腔鏡下胆嚢摘出術 等 40 5.48 6.82 0.00% 63.70 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060150xx03xxxx 急性虫垂炎 虫垂切除術周囲膿瘍を伴わないもの 等 34 5.09 5.60 0.00% 39.56 虫垂切除術
当院は救急病院であり、緊急治療を要する疾患の治療を多く行っています。胆管結石症、急性胆管炎に対する内視鏡的治療を多く行っており、具体的には内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)により、十二指腸乳頭括約筋切開術(EST)やバルーン拡張(EPBD)を行い、結石を破砕、除去し、胆管閉塞を回避するため、胆管ステント留置を行っています。胆のう結石症、胆のう炎は手術となります。炎症の強い場合もほとんど腹腔鏡で行っています。また、腸閉塞やイレウスは救急受診され、緊急手術となる事が多い疾患で、当院では多くの患者さんを受け入れています。鼠径ヘルニアの治療も多く行っており、基本的に入院当日に手術を行い、翌日か翌々日に退院が可能です。虫垂炎はもともと多い病気ですので、手術とならない場合が増えていますが、重症では手術となります。他にも、胃癌・大腸癌・肝胆膵癌の手術や化学療法など消化器悪性疾患、また外傷の治療も行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 脳震盪、硬膜下血腫、頭部打撲 手術なし 91 17.85 7.52 7.69% 69.16
010040x099x00x 脳出血(JCS10未満) 手術なし 51 97.02 19.35 11.76% 72.86
160100xx97x00x 脳震盪、硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 49 12.71 9.87 8.16% 77.24
010050xx02x00x 慢性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 17.50 11.83 8.33% 79.06
010230xx99x00x てんかん 手術なし 16 7.19 7.12 0.00% 63.75
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫の患者さんが特異的に多く来院されます。西区、糸島地区は高齢者人口が多く、軽微な頭部外傷後に慢性硬膜下血腫を発症し、手術が必要な患者さんが多くみられます。2番目に頭部外傷による頭蓋内出血、脳挫傷にて来院される患者さんが多くみられます。当院では、24時間、365日オンコール体制にて救急患者に対応しています。また、従来通り、くも膜下出血後の水頭症に加え、特発性正常圧水頭症に対しても積極的に治療を行っています。4番目は、くも膜下出血に対する開頭クリッピング術が多く来院されます。手術後、片麻痺や言語障害(構音障害、失語症)が残存する患者さんに対しては、機能回復目的で急性期よりリハビリテーションを積極的に行っています。また、継続リハビリが必要な患者さんは、当院の回復期リハビリテーション病棟または地域包括ケア病棟へ転床し機能回復に努めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿部骨折 人工骨頭挿入術、骨折観血的手術 等 126 74.63 27.63 6.35% 83.44 大腿骨頚部骨折
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎骨折 手術なし 76 48.49 20.57 9.21% 78.21 胸腰椎圧迫骨折
160760xx97xx0x 橈骨遠位端骨折 骨折観血的手術、骨内異物(挿入物を含む)除去術 等 26 15.15 5.49 3.85% 60.19 橈骨遠位端骨折患者用
160700xx97xx0x 鎖骨骨折 骨折観血的手術、骨内異物(挿入物を含む)除去術 等 16 12.81 5.86 0.00% 46.94 鎖骨骨折手術
160720xx01xx0x 上腕骨骨折、肩関節前方脱臼 骨折観血的手術、人工骨頭挿入術 等 15 49.87 14.19 0.00% 67.67
整形外科の入院で最も多い症例は大腿骨・股関節の骨折で手術目的に入院される患者さんです。次に多い入院は、脊椎の圧迫骨折、3番目に多い入院が前腕の骨折で手術目的に入院される患者さんです。平均年齢をみると、大腿骨骨折・圧迫骨折は高齢の患者さんに多くみられている事が分かります。高齢の患者さんが転倒され、大腿骨骨折された場合、手術・リハビリを含め、在院日数が長くなることが多いです。その一方、前腕の骨折・鎖骨骨折は中高年に多く、手術を行い10日前後での短期間の入院で自宅に帰られる傾向にあります。また上腕骨骨折も中高年に多く、手術を行いリハビリを含め自宅退院となるため在院日数は長くなることが多いです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺癌の疑い 前立腺針生検法 105 2.17 2.68 0.00% 72.00 前立腺生検
生検(指導有)
11012xxx040x0x 尿管結石症、腎結石症 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術あり 等 105 2.11 2.82 0.95% 57.45 ESWL(体外衝撃波結石破砕術)
110070xx0200xx 膀胱癌 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)、経尿道的尿管ステント留置術 等 78 6.96 7.44 0.00% 76.35 TUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)
11012xxx020x0x 尿管結石症、急性腎盂腎炎 経尿道的尿路結石除去術、経尿道的尿管ステント留置術 等 53 6.25 5.83 1.89% 62.11 経尿道的尿管紛石術
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術、膀胱瘻増設術 等 40 8.40 9.98 0.00% 74.95 TUR-P(経尿道的前立腺切除術)
当院泌尿器は、3人で泌尿器科診療を行っております。高齢者の入院患者さんが多いですが全国平均在院日数が少なくなっております。尿路結石に対して体外衝撃波結石破砕術をする目的で入院される患者さんが最も多くなっています。また、体外衝撃波結石破砕術で困難な下部尿管結石、嵌頓結石、サンゴ状腎結石に対しては、経尿道的尿管結石砕石術や、経皮的腎結石砕石術も行っています。次に多いのは、前立腺癌のPSA検診で異常を指摘され、前立腺針生検目的の患者さんです。この入院も基本的には、1泊2日の入院となっています。仙骨麻酔をして、痛みを減し直腸診、膀胱鏡、前立腺エコー、前立腺針生検を行います。3番目は、表在性膀胱癌に対して経尿道的膀胱腫瘍切除術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹でないため術後夕方より食事ができ、基本的には、5泊6日程度ですが、高齢者の方は、合併症のある方は、多少入院期間が10日前後となります。5番目は、高齢者男性の排尿障害の前立腺肥大症です。当院では、経尿道的前立腺切除を行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 2型糖尿病性白内障 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 等 89 1.74 2.91 0.00% 71.06 白内障日帰り
白内障1泊2日
020180xx99x2xx 2型糖尿病性黄斑変性浮腫 アフリベルセプト又ラニビズマブ 76 1.79 2.65 0.00% 66.43 硝子体腔内注射
020200xx99x4xx 加齢黄斑変性 アフリベルセプト又ラニビズマブ 32 1.78 2.49 0.00% 80.19 硝子体腔内注射
020350xx99x1xx 網膜静脈分枝閉塞症による黄斑浮腫 アフリベルセプト又ラニビズマブ - - - - - 硝子体腔内注射
020180xx97x0x0 増殖性糖尿病性網膜症 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 等 - - - - - 硝子体手術
白内障日帰り
白内障1泊2日
眼科の入院でもっとも多い症例は白内障です。全例手術を施行しており、日帰り手術や1泊入院で行います。また特殊症例(認知症やパニック障害)で局所麻酔での手術が難しい方は全身麻酔で同日両眼手術も行っています。
次に多い症例は糖尿病黄斑浮腫で抗VEGF薬の硝子体注入を施行しています。
当院は糖尿病センターがあり今後治療症例はますます増加するものと思われます。それ以外に増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術も行っております。
また加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の硝子体注入や硝子体手術も行っています。
緑内障患者さんは症例数は少ないですが緑内障手術(治療用インプラント挿入術)症例が増加傾向にあります。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 鼻骨骨折、胸骨骨折 鼻骨骨折整復固定術 等 22 13.41 5.80 0.00% 39.18
080007xx010xxx 下腹部粉瘤、後頭部アテローム 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 等 16 4.13 4.28 0.00% 54.69
020230xx97x0xx 眼瞼下垂症 眼瞼下垂症手術 等 11 7.09 3.44 0.00% 71.55
160100xx99x00x 後頭部打撲傷、脳震盪 手術なし - - - - -
100100xx97x0xx 下腿皮膚潰瘍 分層植皮術 等 - - - - -
当院では外傷を中心に治療を展開しており、中でも顔面骨骨折の症例が多く、必要に応じて手術加療を行っています。皮下腫瘤についても紹介が多く、CTやMRIなどの画像検査をもとに治療方針を立てている。組織標本は病理検査を行い、最終的な組織診断をつけている。病理検査の結果により治療方針がかわることがあります。次に多い症例は褥瘡や難治性潰瘍を有する患者さんです。褥瘡を形成する患者さんは寝たきりの高齢者が多く、脳疾患や循環器疾患、糖尿病、椎体や下肢の骨折などの合併症を有します。高齢化社会を迎えるに至り、今後更に患者数が増加することが予想され、褥瘡処置が患者さんのQOL低下を招きます。当院ではこのような状況を改善するため全身状態を改善しつつ、褥瘡の状態により保存的加療を行ったり、手術治療を行ったりしています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術あり 16 6.94 3.34 0.00% 66.69
050130xx99000x 心不全 手術なし - - - - - 心不全パス
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし - - - - -
080011xx99xxxx 下肢蜂巣炎 手術なし - - - - -
050161xx97x0xx 急性大動脈解離StanfordA 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
血管外科は、上肢や下肢の血管(動脈および静脈)病変を中心に診断と治療を行っています。四肢の急性動脈閉塞や静脈血栓症に対し血栓除去術や薬物療法による急性期治療を行っています。閉塞性動脈硬化症に対しては、抗血小板薬や末梢血管拡張薬による薬物療法、バルーンやステントによる血管内治療、自己静脈や人工血管によるバイパス術など、循環器内科や他科と協力し各々の症例に最も好ましい治療法を選択しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 - - 10 - 12 1 7
大腸癌 24 21 36 34 53 43 1 7
乳癌 17 26 - 13 - 27 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - 12 11 - - 40 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は消化器内科、肝臓内科、外科、乳腺外科で多くの胃癌、大腸癌、肝臓癌、乳癌の患者さんを診療しています。大腸癌、胃癌はⅠ期、Ⅱ期の割合が比較的多く、これらの患者さんには内視鏡的切除や腹腔鏡手術など低侵襲な治療を積極的に行っています。またⅢ期、Ⅳ期、再発の患者さんへは、手術や抗がん剤治療など患者さん個々の状態に合わせた幅広い治療を行っています。
乳癌はⅠ期、Ⅱ期の患者さんの割合が多く、これは乳腺センターでのがん検診、乳がんの治療の取り組みによるものと考えます。Ⅳ期の患者さんの数も少なくはなく、各病期に合わせた手術や化学療法など患者さんの状態に合わせた治療を行っています。
また、当院は呼吸器内科を有していないため、肺癌の治療は行っていません。
肝癌はⅠ期からⅢ期までの患者さんの割合が多く、また初発治療後の再発治療での入院が多いのもこの疾患の特徴です。経皮的肝腫瘍ラジオ波焼灼療法、外科切除等の治療を、患者さん個々の状態に合わせて治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 70 22.87 82.80
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎は本邦の死因の第3位であり、高齢者に多いです。当院の肺炎患者は、地域医療支援病院として地域の先生方からのご紹介や救急車で搬送される患者が多く、重症度でみると中等症が大半を占めています。全国的な特徴と一致して平均年齢も高いです。平均在院日数は重症度に応じて増加する傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 20 7.35 68.95 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 245 64.79 75.70 13.88
その他 45 56.89 73.84 2.22
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
rt-PA静注療法が2005年に本邦で認可され、10年が経過しています。一過性脳虚血発作や脳梗塞の発症後早期に来院される傾向が強まっています。当院では脳梗塞3日以内の症例数が主体で、脳梗塞4日以降の症例数は減少しています。脳梗塞急性期と一過性脳虚血発作の症例は基本的に緊急入院の対象となり、点滴と内服薬を投与して、危険因子などの精密検査を行い、脳梗塞再発予防のために薬剤の選択を判断します。当院では回復期リハビリテーション病棟を併設しており、脳梗塞急性期から積極的にリハビリテーションを行うとともに適宜リハビリテーション目的の入院をシームレスに引き継いでいます。脳梗塞の平均在院日数が長いのは、脳梗塞急性期治療後にリハビリ入院を継続していることが影響しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 59 4.08 5.83 0.00% 69.61
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 25 0.00 15.92 4.00% 67.68
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 14 5.43 24.50 7.14% 80.21 永久ペースメーカー植え込み術
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 13 0.00 15.92 0.00% 65.92 急性心筋梗塞A
急性心筋梗塞B
K5963 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 12 1.00 1.50 16.67% 67.00
循環器内科では虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈形成術(経皮的冠動脈ステント留置術)が多くなっております。定例の治療であるならば事前検査、治療は外来診療で行い、入院期間は可能な限り短期間になるような方針で診療を行っています。恒久的ペースメーカー植え込み術に関しましては、各種診断ツールを用いて慎重な植え込み適応の判断を行うと伴に、術後は臨床工学士との密な連携をとることによりペースメーカーの不具合等に対して迅速な対応をとる体制が整っており、より患者ベースの医療体制の構築を行っています。
糖尿病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K7981 膀胱異物摘出術(経尿道的手術) - - - - -
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) - - - - -
K6533 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍ポリープ切除術) - - - - - 早期胃癌内視鏡的治療(ESD)
大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)
指標に挙がっている手術はそれぞれ、経尿道的尿管ステント留置術、膀胱異物摘出術、経尿道的尿管ステント抜去術は泌尿器科、網膜光凝固術は眼科、内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術は消化器内科で行われる手術です。
これらが糖尿病内科の指標に挙がっている理由は、各診療科からの転嫁により集計上、糖尿病内科に入院した患者さんに対して行われた手術だからです。
脳血管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - - 胃瘻造設
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - - 大腿骨頚部骨折
K0911 陥入爪手術(簡単なもの) - - - - -
K672 胆嚢摘出術 - - - - - 腹腔鏡下胆嚢摘出術
指標に挙がっている手術はそれぞれ、胃瘻造設術は外科、もしくは消化器内科、内視鏡的消化管止血術は消化器内科、骨折観血的手術は整形外科、陥入爪手術は形成外科、胆嚢摘出術は外科で行われる手術です。
これらが、脳血管内科の指標に挙がっている理由は、各診療科からの転科により集計上、脳血管内科に入院した患者さんに対して行われた手術だからです。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 468 0.52 1.74 0.00% 69.94 大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)
大腸ポリペクトミー
K654 内視鏡的消化管止血術 48 2.08 9.81 4.17% 70.21
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 32 0.41 2.94 0.00% 63.06 大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)
大腸ポリペクトミー
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 10 6.80 11.30 0.00% 74.20 大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)
大腸ポリペクトミー
早期胃癌内視鏡的治療(ESD)
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他のポリープ・粘膜切除術) - - - - - 大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)
大腸ポリペクトミー
消化器内科で最も多く行っている治療、手術は大腸腫瘍(良性、悪性)に対する内視鏡治療(ポリペクトミー、EMR、ESD)です。近年、日本人に食生活の欧米化や飲酒量の増加などが原因で大腸の腫瘍が増加しています。内視鏡機器の進歩で術前に腫瘍の良悪性を概ね正確に診断できるようになっており、良性と思われる腫瘍で大きさが10mm以下の病変に対してはコールドポリペクトミーを基本とした治療を行ない、日帰りまたは短期間の入院で治療が可能となっています。より大型の腫瘍や悪性と考えられる病変に対しても精密検査の上で適切に内視鏡治療を行っております。また、次に件数の多い治療は消化管出血に対する内視鏡的止血術で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍からの出血や大腸の憩室出血に対して内視鏡的止血術を行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 16 10.69 21.75 6.25% 68.69
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - - 大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)
大腸ポリペクトミー
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - - CAPD導入
内シャント作成は腎臓内科で作成を行っています。血管吻合にはある程度習得技術に時間を要しますが指導医が若手に指導しながら技術を継承しています。腹膜カテーテル留置はCAPD導入や維持に欠かせない手技ですが泌尿器科Drのサポートの元、腎臓内科Drで施行しています。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管術等)(選択的動脈化学塞栓術) 31 1.97 10.16 0.00% 73.10 TAE:肝動脈塞栓療法
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 13 2.46 6.46 0.00% 64.92 食道静脈瘤(結紮術)
K533 食道・胃静脈瘤硬化療法(内視鏡によるもの)(一連として) 11 5.18 12.64 9.09% 61.45 食道静脈瘤(硬化療法)
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 10 28.30 9.80 0.00% 76.40
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2センチメートル以内のもの)(その他のもの) - - - - - RFA
肝細胞癌の治療として、当院ではカテーテル治療(肝動脈化学塞栓療法)を多く行っています。癌が小さくかつ少数である場合は、エコーガイド下で腫瘍を穿刺して焼灼する治療(ラジオ波焼灼療法)を行います。食道静脈瘤に対しては、吐血などに対して緊急止血術を行う場合と、破裂する前に予防的治療を行う場合があります。治療には内視鏡を用いて行う方法があります(内視鏡的静脈瘤結紮術、食道胃静脈瘤硬化療法)。腹水貯留に対する治療も様々な方法があります。入院して行う治療として、腹水を採取して中の栄養成分などを濃縮して点滴で投与する方法(腹水ろ過濃縮再静注法)を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 132 2.46 9.65 9.09% 79.07
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 91 7.25 10.99 5.49% 65.20 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K6335 ヘルニア手術(鼠経ヘルニア) 64 0.81 2.73 3.13% 69.17 ヘルニア根治術
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他のもの) 55 0.11 3.07 3.64% 79.15 内視鏡的逆行性胆道膵管造影
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 30 5.43 20.80 3.33% 74.17 腹腔鏡下結腸切除術
結腸切除術
低位前方切除術
胆管結石症・急性胆管炎、あるいは膵頭部領域癌による閉塞性黄疸に対して内視鏡胆管ステント留置を多く行っています。また、胆嚢結石症や急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を多く行っており、胆嚢炎症例においてもほとんどは腹腔鏡下に完遂しています。鼠径ヘルニア手術は人工補強材(メッシュシート)を用いた手術を行っており、鼠径部を切開する前方アプローチによる手術と腹腔鏡手術も行っています。大腸癌の手術を多く行っており、特に進行癌や高齢者の癌の手術を行っています。適応と安全性を考慮して腹腔鏡手術も行っています。他にも、胃癌・肝胆膵癌の手術を適応と安全性を考慮し、開腹や腹腔鏡で行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 65 2.55 16.78 6.15% 80.11
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜下のもの) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対しての穿頭血腫洗浄ドレナージ術です。この患者さんに対して、クリニカルパスを活用することにより7泊8日の入院となっています。次に多い手術は、水頭症に対するシャント手術です。当院では、症例に応じて脳室腹腔短絡術と腰椎腹腔短絡術を行う事にしています。最近では、特発性正常圧水頭症の手術例が増加しています。また、頭部外傷による急性硬膜下血種、脳挫傷に対する手術は例年と変わりなく行っています。高血圧性脳出血に対しては、神経内視鏡を用いた手術を行うことにより手術時間の短縮と低侵襲な手術を行っています。くも膜下出血に対しては開頭クリッピング術を行っています。術中造影検査を行う事により確実なクリッピング術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 75 5.43 64.24 9.33% 84.83 大腿骨頚部骨折
K0811 人工骨頭挿入術(股) 55 6.05 72.69 3.64% 81.93 大腿骨頚部骨折
K0462 骨折観血的手術(前腕) 28 3.68 24.43 3.57% 66.07 橈骨遠位端骨折患者用
K0461 骨折観血的手術(上腕) 15 3.13 42.20 0.00% 70.40
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 15 2.27 12.13 0.00% 45.60 鎖骨骨折手術
整形外科では大腿骨・股関節の骨折の患者さんが最も多く手術件数も同様に、大腿骨・股関節の手術が最も多くなっております。手術からリハビリを行い、自宅への退院に向け支援を行っていきます。前腕の骨折・上腕の骨折・鎖骨骨折に対する手術としては、骨折部をつなぐことで早期よりリハビリを行い、元の生活に戻れるように努めています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 124 0.04 1.15 2.42% 58.99 ESWL(体外衝撃波結石破砕術)
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 65 0.98 5.62 0.00% 77.11 TUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 53 1.34 3.58 1.89% 62.64 経尿道的尿管紛石術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 46 2.17 7.22 17.39% 72.93
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 32 2.63 6.56 0.00% 74.31 TUR-P(経尿道的前立腺切除術)
泌尿器科で最も多い手術は尿路結石に対して体外衝撃波結石破砕術です。この入院は基本的には、1泊2日の入院となっています。また、体外衝撃波結石破砕術で困難な下部尿管結石、嵌頓結石、サンゴ状腎結石に対しては、経尿道的尿管結石砕石術(fTUL)や、経皮的腎結石砕石術(PNL)も行っています。経尿道的尿路結石除去術も年間53例と年々増加してます。次いで、表在性膀胱癌に対して経尿道的膀胱腫瘍切除術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹でないため術後夕方より食事ができ、基本的には、5泊6日程度ですが、高齢者の方や、合併症のある方は、多少入院期間が10日前後となります。4番目は、結石性急性腎盂腎炎、尿管閉塞による腎後性腎不全に対して、緊急性のある手術である経尿道的尿管ステント留置です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 95 0.00 0.75 0.00% 70.60 白内障日帰り
白内障1泊2日
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 15 1.00 9.07 0.00% 65.27 硝子体手術
K2802 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートのないもの) - - - - - 緑内障手術
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - - 緑内障手術
眼科の入院でもっとも多い症例は白内障です。全例手術を施行しており、日帰り手術や1泊入院で行います。また特殊症例(認知症やパニック障害)で局所麻酔での手術が難しい方は全身麻酔で同日両眼手術も行っています。次に多い症例は糖尿病黄斑浮腫で抗VEGF薬の硝子体注入を施行しています。当院は糖尿病センターがあり今後治療症例はますます増加するものと思われます。それ以外に増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術も行っております。また加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の硝子体注入や硝子体手術も行っています。緑内障患者さんは症例数は少ないですが緑内障手術(治療用インプラント挿入術)症例が増加傾向にあります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 14 0.21 0.21 0.00% 35.14
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上、12㎝未満) 11 1.36 4.91 0.00% 54.82
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) - - - - -
形成外科の手術で多いものとして顔面骨骨折や皮下腫瘤切除、難治性潰瘍に対する皮弁形成術などです。
その他、眼瞼下垂症例や手の外傷再建なども行っています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-2 大伏在静脈抜去術 - - - - -
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 - - - - - 下肢静脈瘤(当日入院3日間)
下肢静脈瘤(当日入院6日間)
下肢静脈瘤(前日入院6日間)
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - - - - 下肢静脈瘤(当日入院3日間)
下肢静脈瘤(当日入院6日間)
下肢静脈瘤(前日入院6日間)
K6082 動脈塞栓除去術(その他の動脈) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
下肢動脈急性閉塞に対し局所麻酔下で大腿動脈切開しFogarty Balloon Catherterによる血栓除去術を施行しています。また、必要あれば下肢血行再建不成功例に対しバイパス術の追加を施行しています。
しかしながら、患者の全身状態にもよりますが術後有効な下肢血行再建は得られず下肢切断となった症例もあり、今後の課題として外科的血行再建術+血管内治療など積極的に循環器内科と協力し取り入れていく方針です。
下肢静脈瘤はELVeSレーザー1470(波長1470nm)を導入し、ストリッピング術のみでなくレーザーによる血管内焼灼術を施行しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 17 0.31%
180010 敗血症 同一 11 0.20%
異なる 55 0.99%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群と敗血症は、肺炎や尿路感染症が原因で発症している症例が多く、入院契機とは異なる疾患から全身状態が悪化し発症するものがほとんどです。
これらの疾患は、アップコーディングなど不適切なコーディングとみなされる確率が高いものであるため、適切なコーディングに努めていきます。
手術・処置等の合併症は、腹膜透析関連の感染症や骨折等の手術後の感染症があり、これらは必ず一定の確率で合併症が起こります。よって、手術・処置を行う際は医師から患者、家族への説明を十分に行い同意を得ています。
更新履歴
2017/09/27
平成28年度 病院指標を掲載いたしました。