施設・部門紹介

HOME> 施設・部門紹介> 地域医療・在宅連携部> 地域医療連携について

地域医療連携について

厚生労働省は、患者さんにより質の高い医療を効率的に提供することを目的に、医療機関の機能分化による「病診連携」「病病連携」を推進しています。
白十字病院では、『地域に根差した病院』『頼りになる病院』をコンセプトに地域が必要とする医療サービスとは何かを常に念頭に置いた診療活動に心掛け、病院としての『品質向上』に日々取組んでおります。
地域における当院の役割・機能を明確に認識しながら、地域とのコミュニケーションを大切にし地域医療に貢献していきたいと考えております。

かかりつけ医をもちましょう

現在、国(厚生労働省)が進めている医療政策では、医療機関の機能に応じて役割を分担し、より質の高い医療を提供できるように「病診連携」を進める方針です。
病診連携は、診療所の医師(かかりつけ医)が初期診療や慢性の継続診療などの外来医療を担い、大きな病院が、入院を中心とした専門的な検査や治療を担うことで、役割分担を進めていきます。
当院の役割は、救急患者を受け入れ、高度な医療機器を使って重症患者さんの検査・治療を行います。
まずは原則として地域の診療所のかかりつけ医を受診し、必要に応じて診療所からの紹介で当院を受診する病診連携を進めています。

当院を受診する際…
  • 診療所(かかりつけ医)からの紹介状をお持ち下さい。
  • コールセンターもしくは地域医療・在宅連携部にて予約をお取り下さい。
当院での治療が終わったら…

急性期の治療が終わって症状が安定したらお近くの病院や診療所をご案内いたします。

転院希望の方

当院は、急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟、亜急性期病床、療養病棟(医療療養)を合わせ持つケアミックス型の開放型病院です。
患者さんの症状やご家族のご意向を伺いながら調整いたします。

【お願い】
◆患者、ご家族様へ:
まずは、かかりつけ医もしくはご入院中の医療機関の主治医へご相談下さい。
◆医療機関の方へ:
地域医療・在宅連携部までご相談下さい。

このページのTOPへ