施設・部門紹介

HOME> 施設・部門紹介> 地域包括ケア病棟のご案内

地域包括ケア病棟のご案内

地域包括ケア病棟とは

急性期治療が終了し、すぐに在宅や施設へ移行するには不安がある患者さんに対して、在宅復帰に向けた医療、看護、リハビリを行うことを目的とした病棟です。また、在宅療養中の患者さんに入院が必要となった時、在宅医から依頼を受けて支援する病棟です。 在宅復帰支援計画に基づき、医師や看護師・リハビリスタッフ・医療相談員などが患者さん・ご家族と協力して、在宅復帰に向けた治療・支援を行い、安心してご退院いただけるようサポートしていきます。

入院期間

入院期間は、状態に応じて違いますが地域包括ケア病棟に入室後、最長60日を限度としております。

受け入れ対象となる患者さん

  • 在宅復帰への環境整備が必要な方
  • 介護施設入所待機中の方
  • 経過観察が必要な方
  • 継続したリハビリが必要な方

入院に対する留意点

一般的な検査や内服治療は可能ですが、急性期病棟で行うような高額な医薬品や特殊な検査、手術などには対応できません。病状変化により、急性期治療を必要と主治医が判断した場合は、急性期病棟へ移動していただきます。

部屋の特徴

3階東病棟 54床
種類 1日の部屋代(税込) 設備
多床室 なし 洗面所、トイレ
B個室 5,400円 洗面所、トイレ、シャワー室、ミニキッチン
C個室 3,240円 洗面所、トイレ

※地域包括ケア病棟へ入院・転床していただく場合は、主治医が判断し、患者さん・ご家族にご案内させていただきます。

このページのTOPへ