診療のご案内

HOME> 診療のご案内> 内分泌内科

内分泌内科

「日本甲状腺学会認定専門医施設」
甲状腺、カルシウム骨代謝、視床下部・下垂体、副腎疾患など内分泌疾患の診断治療を行っています。

スタッフ紹介

  • 富永 丹
    役 職:副院長、内分泌科部長
    専門医:日本内科学会総合内科専門医・認定内科医・指導医
    日本内分泌学会内分泌代謝専門医・指導医・評議員
    日本甲状腺学会専門医・評議員
  • 萬代 幸子 (非常勤)
    九州大学 第二内科
    日本内科学会認定医
    日本甲状腺学会専門医

診療内容・特色

 内分泌内科では内分泌疾患の診断・治療を行う専門外来を行っております。
 当院は甲状腺学会認定専門医施設としてバセドウ病、橋本病などの自己免疫性甲状腺疾患、甲状腺癌を含む結節性甲状腺疾患の診断・治療を院内ホルモン測定、超音波、甲状腺細胞診等により行っています。バセドウ病治療における当院の特徴は薬物療法や手術療法に加え放射性ヨード(I-131)内用療法(アイソトープ治療)を外来ないし入院で実施していることです。

 体調不良の原因が内分泌疾患にあることがあり、例えば高血糖、高血圧、体重の増減、神経筋症状、電解質異常などから内分泌疾患が判明することもあります。
 下垂体、副甲状腺、副腎疾患などの診断に血中及び尿中ホルモン測定や内分泌試験、CT、(MRI)、RI検査(副腎、副甲状腺シンチグラムなど)を組み合わせた短期の検査入院も行っています。
 内分泌疾患では診断され治療されれば著明な改善が期待される場合があります。身体の症状や所見の背景に思わぬ内分泌疾患が隠れていないかどうか、お手伝いできれば幸いです。

(月:福岡大学病院 内分泌・糖尿病内科 金:九州大学第二内科の非常勤医師による外来診療)

このページのTOPへ