診療のご案内

HOME> 診療のご案内> 内分泌内科

内分泌内科

「日本甲状腺学会認定専門医施設」
甲状腺、カルシウム骨代謝、視床下部・下垂体、副腎疾患など内分泌疾患の診断治療を行っています。

スタッフ紹介

  • 富永 丹
    役 職:副院長、内分泌科部長
    専門医:日本内科学会総合内科専門医・認定内科医・指導医
    日本内分泌学会内分泌代謝専門医・指導医・評議員
    日本甲状腺学会専門医・評議員
  • 萬代 幸子 (非常勤)
    九州大学 第二内科
    日本内科学会認定医
    日本甲状腺学会専門医

診療内容・特色

内分泌内科では内分泌疾患の診断・治療を行う専門外来を行っております(月AM、火PM、金PM)。
ホルモンの過剰症状や欠落症状になかなか気づかれず体調不良が長く持続している背景に内分泌疾患が隠れていることがあります。高血糖や高血圧、電解質異常の原因が内分泌疾患であることもよく経験されます。
一方、症状がなく他の目的で行われた画像検査で偶然指摘された甲状腺結節や副腎結節なども増加し紹介を受けます。

 当院は甲状腺学会認定専門医施設としてバセドウ病、橋本病などの自己免疫性甲状腺疾患の診断・治療を行っており外来でも甲状腺疾患が最多をしめます。院内で甲状腺ホルモン、TSHの迅速測定を実施しており必要時には甲状腺シンチや放射性ヨード摂取率測定も行います。甲状腺以外でも副甲状腺、副腎疾患を対象に核医学検査を積極的に用いて診断しています。
腺腫様甲状腺腫や甲状腺癌を含む甲状腺結節については超音波、(CT)および超音波ガイド下穿刺吸引細胞診を行い病理部にて診断されます。バセドウ病治療における当院の特徴は薬物や手術治療に加え放射性ヨード(I-131)内用療法(アイソトープ治療)を外来ないし入院で実施していることです。
視床下部・下垂体疾患や副甲状腺疾患、副腎疾患の確定診断目的には血中に加え尿中ホルモン測定やホルモン分泌の日内変動、内分泌負荷試験、RI検査(シンチグラムなど)3~4泊の短期入院で集中的に行い診断を確定させます。内分泌疾患は診断され治療できれば劇的な改善が期待される場合があります。ちょっとした症状や検査値ないし画像異常の背景に内分泌疾患が隠れていないかどうか、お手伝いできれば幸いです。

このページのTOPへ