診療のご案内

HOME> 診療のご案内> 循環器内科

循環器内科

循環器疾患とは、全身に血液を循環させる臓器である心臓や血管などが正常に働かなくなる疾患のことで、高血圧・心疾患(急性心筋梗塞などの虚血性心疾患や不整脈、心不全など)・脳血管疾患・動脈瘤などに分類されます。循環器疾患の特徴は、ある日突然にこれら疾患が本人や家族に生じて「対岸の火事」では決して済まないことがあります。
当科では循環器疾患を専門的に治療するばかりではなく、患者様の早期回復や社会復帰を行えるように多職種を含めた総合的な治療介入を行い、登録医と共に福岡西部地域に密着した循環器ネットワークの構築に努めております。

スタッフ紹介

  • 佐光 英人
    役 職:部長
    認定医・専門医:日本循環器学会専門医、日本心臓学会心臓病上級臨床医(FJCC)、日本内科学会総合内科専門医・指導医、JMECCインストラクター
  • 則松 賢次
    役 職:医長
    認定医・専門医:日本内科学会認定内科医、日本循環器学会専門医、日本動脈硬化学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医
  • 松岡 優太
    役 職:医員
    認定医・専門医:日本心血管インターベンション治療学会認定医
  • 森田 絵衣
    役 職:医員

診療内容・特色

循環器内科の外来では心臓病と循環器疾患の検査法として、運動負荷心電図・24時間心電図・心臓超音波検査・血管超音波検査などの簡便な検査から、冠動脈CT検査・心臓MRI検査・心筋シンチグラフィー(RI)などの特殊な検査まで行うことができます。
また循環器内科の入院では、当院は充実した心臓カテーテル検査室を有しており、狭心症や急性心筋梗塞などの冠動脈造影や冠動脈インターベンション(経皮的冠動脈形成術)、恒久的ペースメーカー治療、末梢血管インターベンションなどの専門的な検査や治療をほぼ連日行っております。循環器疾患の取り扱いについては、24時間体制で対応しており、心臓血管外科医とも協議し、患者様にとって最も良い治療法を追求しております。さらに、より安全で快適な心臓リハビリテーションにも取り組んでおり、心肺運動負荷試験(CPX)なども積極的に行っております。
また、睡眠時無呼吸症候群などの夜間ポリソムノグラフィー(PSG)検査も行っております。


  • 冠動脈CT

  • 3Dエコー

  • 腎動脈エコー

  • MRI

  • 心筋シンチグラフィ

診療実績

■2018年度 手術症例数
検査・治療 症例数
心臓カテーテル検査 301
冠動脈形成術 101
恒久的ペースメーカー植込み術 30
下肢動脈形成術 10

このページのTOPへ