診療のご案内

HOME> 診療のご案内> 心臓血管外科

心臓血管外科

 心臓血管外科を平成29年4月に開設いたしました。心臓血管外科は心臓や血管の外科手術を担当する診療科です。具体的には心臓弁膜症の手術や冠動脈バイパス手術、動脈瘤・動脈解離などの大動脈手術を行います。末梢血管(手足の血管)の手術については当院血管外科とともに手術を行っていきます。また重篤な症例も福岡大学病院、および長崎大学病院の心臓血管外科チームと連携し治療を担当いたします。心臓、大血管の手術は非常に怖いイメージがあると思いますが、医療の進歩は目覚しく、昔に比べて安全で、低侵襲(体に優しく)に行えるようになりました。医療の進歩は単に心臓血管外科の技術のみでなく、専門的な他職種(他科の医師、薬剤師、看護師、臨床工学士、リハビリ等々)の協力を得て成り立っています。病気になり、不安を抱えている患者さんに対し、スタッフ一同で優しさを持って接し、親身に向き合い、信頼される関係を築いて行けるよう心掛けて参ります。

スタッフ紹介

  • 住 瑞木
    役 職:副部長
    認定医:医学博士、日本外科学会専門医、三学会構成日本心臓血管外科専門医
  • 峰松 紀年(福岡大学病院 心臓血管外科)
    役 職:非常勤医師
    認定医:日本外科学会専門医、日本心臓血管外科学会専門医、日本循環器学会専門医

診療内容・特色

弁膜症に対する弁形成、弁置換術
 心臓にある弁が開きにくくなったり、開いたままの状態になり、心臓に負担がかかってしまっている状態を弁膜症といいます。その扉を修復(弁形成)、または、取り替える(生体弁、機械弁)手術を行っています。弁形成、生体弁、機械弁と、その患者さんに適した手術法を提案し、選択いたします。また、できる限り小さな傷で心臓手術を行うMICS手術(低侵襲心臓手術)も積極的に行っていきます。
狭心症、心筋梗塞に対する冠状動脈バイパス術
 心臓の筋肉を養う血管(冠状動脈)が細くなったり、完全に詰まってしまった状態を狭心症、心筋梗塞といいます。特に高齢者では体に負担がかからないよう、人工心肺(機械のポンプ、人工の肺)を使用せずに、心拍動下(心臓が動いた状態)でバイパス術を行うことを積極的に行っていきたいと考えています。
動脈瘤、急性大動脈解離に対する人工血管置換術
 体中に血液を送る管(動脈)の幹(大動脈)が膨らんだり(大動脈瘤)、壁が裂けてしまう(大動脈解離)病気の手術を行います。悪くなった血管に変わり、人工の血管を移植します。

 尚、現在常勤の心臓血管外科医が1名のため、重篤な救急患者さんは他院へ搬送となる可能性もあります。予めご了承ください。

このページのTOPへ