診療のご案内

HOME> 診療のご案内> 心臓血管外科

心臓血管外科

 心臓血管外科を平成29年4月に開設いたしました。心臓血管外科は心臓や血管の外科手術を担当する診療科です。具体的には心臓弁膜症の手術、冠動脈バイパス手術、動脈瘤・動脈解離などの大動脈手術、そして末梢血管の手術(閉塞性動脈硬化症や下肢静脈瘤についての手術)を行っています。心臓弁膜症手術に関しては小さな傷で心臓手術を行うMICS手術(低侵襲心臓手術)も積極的に行っています。
 心臓、大血管の手術は非常に怖いイメージがあると思いますが、医療の進歩は目覚しく、昔に比べて安全で、低侵襲(体に優しく)に行えるようになりました。医療の進歩は単に心臓血管外科の技術のみでなく、専門的な他職種(他科の医師、薬剤師、看護師、臨床工学士、リハビリ等々)の協力を得て成り立っています。病気になり不安を抱えている患者さんに対し、スタッフ一同で優しさを持って接し、親身に向き合い、信頼される関係を築いて行けるよう心掛けて参ります。
 福岡大学病院心臓血管外科、長崎大学病院心臓血管外科と協同し、治療にあたっています。

スタッフ紹介

  • 住 瑞木
    役 職:副部長
    専門医・認定医:医学博士、日本外科学会専門医、三学会構成日本心臓血管外科専門医、心臓血管外科国際会員
  • 森田 裕一
    役 職:医員
    専門医・認定医:腹部ステントグラフト実施医
  • 岩隈 昭夫
    役 職:副院長、外科統括、患者支援センター長
    専門医・認定医:日本循環器学会専門医、日本外科学会専門医、日本胸部外科学会認定医、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医、日本脈管学会専門医
  • 和田 秀一(福岡大学病院 心臓血管外科)
    役 職:非常勤医師
    専門医・認定医:日本外科学会認定医・専門医、日本胸部外科学会認定医、日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医、日本脈管学会専門医
  • 峰松 紀年(福岡大学病院 心臓血管外科)
    役 職:非常勤医師
    専門医・認定医:日本外科学会専門医、日本心臓血管外科学会専門医、日本循環器学会専門医

診療内容・特色

弁膜症に対する弁形成、弁置換術
 心臓にある弁が開きにくくなったり(狭窄)、開いたままの状態(閉鎖不全)となり、心臓に負担がかかってしまった状態を弁膜症といいます。その悪くなった弁を修復(弁形成)したり、生体弁や機械弁で取り替える(弁置換)手術を行います。その患者さんに適した手術法を提案し、選択いたします。また、小さな傷で心臓手術を行うMICS手術(低侵襲心臓手術)を積極的に行っています。
狭心症、心筋梗塞に対する冠状動脈バイパス術
 心臓の筋肉を養う血管(冠状動脈)が、動脈硬化により細くなったり、完全に詰まってしまった状態を狭心症、心筋梗塞といいます。特に高齢者では体に負担がかからないよう、人工心肺を使用せずに、心拍動下(心臓が動いた状態)での冠動脈バイパス手術も積極的に行っています。
動脈瘤、急性大動脈解離に対する人工血管置換術
 体中に血液を送る動脈が膨らんだり(大動脈瘤)、壁が裂けてしまう(大動脈解離)病気の手術を行います。悪くなった血管に変えて、人工の血管を移植します。
閉塞性動脈硬化症に対する人工血管を使用したバイパス手術、カテーテルでの血管形成術
 動脈硬化により、狭くなった足の動脈の狭窄病変に対し、内服での治療(抗血小板薬)、バルーン、カテーテルによる血管内治療、自家静脈や人工血管を使用したバイパス術などを行っています。
急性動脈閉塞に対する血栓除去術、血行再建術
 手足に行く血管が、異物(血栓等)の飛散により突然閉塞してしまい、四肢の冷感、痛み、感覚異常、チアノーゼ等を生じます。放置した場合には壊疽してしまう可能性もあるため、血流改善のため血栓除去を行います。
下肢静脈瘤に対するレーザー焼却術、ストリッピング術、高位結紮術
 症例により、レーザー治療による静脈瘤血管内焼却術、大伏在静脈抜去術、高位結紮術等を施行しています。
MICS手術について
MICS(Minimally Invasive Cardiac Surgery); 低侵襲心臓手術
主に心臓弁膜症に対して行います。傷が小さいので(胸骨を切らないので)、術後の回復が早いです。女性の方、早期の仕事復帰を希望される方、高齢者にも利点の多い手術です。
  • 通常の正中切開


    皮切 約20cm
  • MICS手術(右小開胸)

    皮切 約6cm

※正中切開、MICSでの切開ともに術後2週程度の創部です。時間が経過すると創部はもっと目立たなくなります。

MICSでの僧帽弁形成術、三尖弁形成術
僧帽弁閉鎖不全症に対して、自己弁を温存し工作して形成する僧帽弁形成術を行っています。 写真はMICS(右小開胸;皮膚切開6-7cm)での僧帽弁形成術、及び三尖弁形成術です。
手術は顕微鏡を用いて行います。傷は小さいですが、通常の僧帽弁形成術と同様の手技(弁輪形成術、弁尖形成術、人工腱索建立)が可能です。

  • MICSでの僧帽弁形成術

  • MICSでの三尖弁形成術
大動脈弁形成術
通常は大動脈弁疾患に対しては、人工弁を使用した弁置換術を行うことが一般的ですが、なるだけ自己弁を温存する大動脈弁形成術も積極的に行っています。
写真は大動脈弁輪拡張症に伴う大動脈弁閉鎖不全症の症例に対する、大動脈基部形成(total root remodelling)、及び大動脈弁尖形成術です。

大動脈基部形成術(total root remodelling)に併施した大動脈弁形成術

冠動脈バイパス手術
狭心症、心筋梗塞に対する外科治療です。現在はカテーテル治療が普及していたため、外科手術は、重症3枝病変や左主管部狭窄病変等に行うことが多くなっています。人工心肺を使用する方法(conventional, on-pump beating)と人工心肺を使用しない方法(off-pump)がありますが、患者さんの負担にならない方法を選択して行います。

  • Off-pump 冠動脈バイパス手術

  • Off-pump 冠動脈バイパス手術

診療実績:2017年度

開心術 計12例

複合手術が多いため、列挙致します。

  • 陳旧性心筋梗塞による左室瘤、虚血性僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症に対する

    左室形成術、僧帽弁形成術、三尖弁形成術

  • 僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症、発作性心房細動に対する

    右小開胸(MICS)での僧帽弁形成術、三尖弁形成術、メイズ手術

  • 大動脈弁輪拡張症、狭心症にたいする

    自己弁温存での大動脈基部形成術(total root remodelling)、大動脈弁形成術、冠動脈バイパス手術(1枝)

  • 心房中隔欠損症に対する

    右小開胸(MICS)での心房中隔欠損口閉鎖術

  • 大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症、狭心症に対する

    大動脈弁置換術、僧帽弁形成術、冠動脈バイパス手術(1枝)

  • 大動脈弁狭窄症(狭小弁輪)、肥大型心筋症に対する

    大動脈弁輪部拡張を伴う大動脈弁置換術、Morrow手術

  • 僧帽弁狭窄症、狭心症に対する

    僧帽弁置換術、冠動脈バイパス手術(2枝)

  • 大動脈弁狭窄症、狭心症に対する

    大動脈弁置換術、冠動脈バイパス手術(1枝)

  • 心機能の低下した(LVEF20%)大動脈弁閉鎖不全症に対する

    大動脈弁置換術

  • 狭心症、心筋梗塞に対する

    オフポンプ冠動脈バイパス手術を3例(2枝、3枝、4枝)

と多岐にわたる手術を行いました。手術死亡は0で皆,自宅退院し外来通院しています。

末梢血管34例(うち緊急症例12例)
  • 急性動脈閉塞に対する

    血栓除去術が9例

  • 閉塞性動脈硬化症に対する

    バイパス手術が5例(下肢静脈瘤との併施が1例) 緊急症例を含めて

  • 下肢静脈瘤に対する

    下肢静脈瘤手術が18例(片側が12例、両側が6例) うちレーザー焼却術12例、ストリッピング術12例

  • その他の末梢血管症例が3例

緊急症例も12例行いました。
下肢静脈瘤に対するレーザー治療も実施施設認定を得ており、積極的に行っています。

このページのTOPへ