診療のご案内

HOME> 診療のご案内> 形成外科

形成外科

形成外科での診療について

当院形成外科では手の外傷(切断指や手指骨骨折、腱断裂)を中心として化膿性腱鞘炎などの感染症、弾発指などの炎症性疾患、手根管症候群や肘部管症候群などの絞扼性神経障害も含めた手外科領域を専門に治療しています。手根管症候群の手術は皮切1cmで内視鏡を用いた手術を行っています。その他、形成外科領域一般に扱う疾患も対象に診療活動を展開しております。疾患領域は新鮮熱傷、顔面骨骨折を含めた顔面外傷、良性・悪性腫瘍瘢痕拘縮や肥厚性瘢痕、ケロイド、陥入爪、巻き爪、糖尿病性皮膚潰瘍、褥瘡潰瘍などです。当科の方針として心がけていることは患者さんが納得して治療を受けられるように診断根拠をしっかり提示し、説明することです。またご高齢の患者さんは形成外科疾患以外に重篤な内科的疾患を合併していることが多く、他科との連携が必要になることがあります。全身的局所的治療を他科と協力して診療活動を行っています。

スタッフ紹介

  • 眞鍋 剛
    取得専門医等:日本形成外科学会専門医、日本手外科学会専門医、日本創傷外科学会専門医、医学博士
    所属学会:日本形成外科学会、日本整形外科学会、日本手外科学会、日本マイクロサージャリー学会、日本創傷外科学会

診療内容・特色

  • ・外傷:切断指を含む手の外傷、その他すり傷、切り傷、刺し傷、裂けた傷、動物などに咬まれた傷など
  • ・熱傷:熱湯、火炎、湯たんぽなどによる
  • ・顔のけが:顔面骨骨折、軟部組織損傷
  • ・良性腫瘍:ホクロ(母斑)、血管腫、あざ、粉瘤、脂肪腫など
  • ・悪性腫瘍とその再建
  • ・瘢痕(傷あと)、瘢痕拘縮(傷あとの突っ張り)、ケロイド
  • ・褥瘡(床ずれ)、難治性皮膚潰瘍(特に糖尿病や血行障害によるもの)
  • ・まぶたの病気:逆まつげ、まぶたのたるみ、眼瞼下垂など
  • ・爪の病気:陥入爪、巻き爪、爪囲炎など
  • ・腋臭症(わきが)
  • ・男性型脱毛症の内服治療(自費)
など。

当院の特色

切断指を含む手の外傷やその再建を中心に手の炎症性疾患、弾発指、手根管症候群や肘部管症候群などの絞扼性神経障害、手の先天異常を対象とした手の外科に力を入れています。
また、下肢の治りにくい傷の治療にも力をいれています。まず治りにくい原因を調べ、血流の異常があれば循環器内科や血管外科、糖尿病の合併があれば糖尿病内科等、他の診療科や検査部門、リハビリ部門、装具士などと密に連携しながら治療に携わっています。

診療実績

■平成27~28年度の手術症例数
  27年度 28年度
新鮮熱傷 8 5
顔面骨骨折及び顔面軟部組織損傷 76 100
唇裂・口蓋裂 0 1
手、足の先天異常、手足の外傷 36 111
その他の先天異常 0 12
母斑、血管腫、良性腫瘍 128 138
悪性腫瘍及びそれに関連する再建 2 6
瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド 1 7
褥瘡、難治性潰瘍 34 51
美容外科 0 0
その他(陥入爪、炎症・変性疾患、手足以外の外傷など) 126 144
合計 411 575

お知らせ

当科は、手術や入院された方の治療を主に午後に行っていますので、一般外来は午前中のみとなっております。ご理解をお願い申し上げます。

このページのTOPへ