病院について

HOME> 病院について> 各部門の取り組み

各部門の安全への取り組み

診療部

活動内容
検査・病状説明のパンフレット作製

これは患者さんや御家族に検査(例えば胃カメラ)や病気の説明を口頭のみではなく、シェーマや図を記載した説明書を作製し、どのような医療が行われるかわかりやすく解説したものです。

専門医による講習

医師を対象として当院専門医により救急蘇生法や救急用医療器具の使用法などを定時的に講習しています。

看護部

看護部では、医療の高度化、複雑化に対応し、患者さんへ安全で安心な医療、看護、介護が提供できるよう、事故防止活動に取り組んでいます。主な活動内容として、毎月1例M-SHELL分析を行い、インシデント・アクシデント事例をいろいろな要因から分析することで、原因の究明と再発防止策を検討し、同じエラーが発生しないような対策を講じ全部署へ伝えます。また、スタッフへの指導として、KYT活動や院内ラウンドを行い、現場でのマニュアルの周知徹底状況を確認しています。患者さんと接する機会が一番多い看護部スタッフは、それだけアクシデントの発生率も高くなります。出来るだけの危険を回避し、事故が起こりにくい組織やシステムを作っていくことで、患者さんに安全で安心な医療を提供していきたいと考えています。

看護部

薬剤科

お薬服用による転倒・転落防止

お薬によっては、服用後に足元がふらついたりして、歩行中やリハビリ中の転倒やベッドからの移動の際の転落等が起きることがあります。薬剤科では看護部およびリハビリテーション科と協力して、転倒・転落を引き起こしやすいお薬を服用している患者さんの情報を共有して注意喚起し、薬剤による転倒・転落を未然に防ぐ対策を実施しています。

患者さんのお薬服用間違い防止

患者さんがお薬を服用される際に間違いやすい点として、お薬の間違い、お薬の量の間違い、服用時間の間違い等があります。当院では錠剤・カプセルは、お薬の名前、用法、用量を記載し、服用時間毎にワンパック包装して調剤しています。また、粉薬も分包紙へ「医薬品名・患者名・用法」を記載し、わかりやすいように工夫をしています。

薬剤科
調剤ミス防止

調剤における1つのミスが重大な医療事故につながります。調剤上のミスとして医薬品名・規格・量の間違い等があります。当院では調剤・監査を二人で行い確認しています。また、同じ成分で含有量が異なる医薬品に関しては処方せんおよび薬棚に注意を喚起する表示をしたり、粉薬に関しては自動監査システム(医薬品、量をチェックするシステム)を導入したりして、調剤ミス防止に取り組んでいます。

アクシデント事例、ヒヤリハッと事例の共有と分析

1週間ごとにヒヤリハッと事例を各薬剤師が分析したり、部署内で発生したアクシデント事例に関してミーティングで報告し事例を共有したりして、同じミスの発生防止に努めています。

放射線部

私達、放射線部では安全を最優先に業務に取り組んでいます。
古くから労災(労働災害)の分野では、「ハインリッヒの法則」というものが語られており1件の大事故があると、そのまわりに29件の中小の事故があり、さらに300件のニアミスがあると言われています。大事故は突然起こるのではなく、発生する前にその下地がすでにあることが多いと云われています。
「人はエラーをおこす」という前提のもとにそのエラーが事故につながらない様にするために、情報を共有し、原因の分析 対策を行っています。
これまでの対策を一部ご紹介致します。

患者さんの取り違え防止

放射線部では1日約150名の患者さんの検査・撮影をおこなっています。 患者さんの取り違えは起こってはならないミスです。外来部門では患者さんをフルネーム(姓名)でお呼びします。 入室後、再度ご自分で名前を名乗ってもらったり、生年月日を言っていただいています。 案内票やオーダーシールと照合し、本人と間違いないことを確認しています。 外来部門各所にポスターを掲示しご協力をお願いしています。 入院の患者さんには、リストバンドをしていただき、照合を行っています。 また、同姓同名の患者さんがご入院された場合は、医療情報システムでチェック機能が働き、 ベットセンターから関係部署へ情報がすみやかに流れるシステムが働いています。

リストバンドのご案内
撮影部位誤認防止

単純X線撮影部門(一般撮影)では月間3000件の撮影を行い10000枚の画像を取り扱います。 これまで撮影部位誤認が起こった部位を洗い出し、4部位について オーダーリング部位名の変更を行いました。

  • 腹部 → 腹部(Abd)
  • 頚椎 → 頚椎(C-V)
  • 胸椎 → 胸椎(Th-V)
  • 足 → 足(foot)
転倒・転落防止

病院全体で最重要課題として取り組んでいます。 放射線部でも安全推進月間としてリストバンドについての勉強会、 ポスターによる啓蒙、患者さん移送方法の勉強会などに取り組んでいます。 また撮影室入り口の段差をなくす改修工事など構造的なリスクについても取り組みました。

検査部

臨床検査室では、“医療人として自覚をもち、正確かつ迅速な検査報告をこころがける。”を基本目標に掲げ日々の業務を行っています。
採血業務、生理機能検査では、患者誤認を防止するためにフルネームでお呼びし、さらに加えて患者さんご自身にもフルネームで名乗っていただいて名前の確認をしています。各種検査においても、常に確認作業を怠らず検査を進め、検体の取り間違え・検査結果の誤報告などの防止に努めています。また、信頼できる検査データを提供するために、内部精度管理・外部精度管理を充実させ精度も確保し、検査の質の向上に努めています。
臨床検査室のスタッフ全員が、自分たちが報告した検査結果がどのように治療に用いられるかを常に意識し、チーム医療の一員としてその責務を果たしていきたいと考えています。

リハビリテーション科

リハビリテーションをすすめる過程で、最も気をつけなければいけないのが「転倒事故」です。実際リハビリテーション室で起こるアクシデントの8割がこの「転倒」に関するものです。これは全国的に見ても同様です。「患者さんが懸命に努力されて再び歩くことが出来るようになったとしても、たった一度の転倒で再びベッド上の生活に戻ってしまう…。」そのような事態を避けるために、リハビリテーション科では様々な「転倒対策」をすすめていきます。

いかなる事故も起こそうとして起こるわけではなく、予測もつきにくいものです。しかし、この「転倒」事故に関しては、これまでの分析から「転倒を起こす可能性の高い因子」がある程度分かってきています。年齢・お薬の服薬状況・これまでの転倒の有無・心理状態・麻痺の状態・転倒を起こしやすい場面や環境・御入院されてからの時期・認知機能などの情報は、転倒事故を予測するために非常に有効です。これらの情報を収集し、転倒が予測される方に対しては、それに応じた各種対応を行っています。

また、事故はちょっとした気の緩みや「大丈夫だろう」という思い込みによって引き起こされるものです。これはベテランスタッフでも同様です。このような、スタッフの人的要因に関しては、「事故に対する危機感を常に保っているか?」という意識の問題が重要です。リハビリテーション科では、毎月アクシデントの発生事例をミーティングで検討し、事故についてのスタッフの再認識を促しています。事故に対する高い意識を常に保てるよう、今後もスタッフ一同取り組んでまいります。

ME室(臨床工学技師室)

平成20年3月現在、当院には臨床工学技士4名が在籍しており主にME室(臨床工学技士室)にて医療機器の中央管理や人工透析センター内での業務に従事し、医療機器が安全に使用できるように日々努力しています。

中央管理業務

ME室では医療機器中央管理として人工呼吸器、パルスオキシメータ、シリンジ・輸液ポンプ、 低圧持続吸引器などの保守・管理を行なっています。 また、院内全般の医療機器のメンテナンス計画を立て、定期的に保守点検を実施し、 医療機器の安全使用に努めています。 病棟で使用した中央管理の医療機器は使用後ME室に返却され 臨床工学技士により終業・始業点検を実施しています。 点検内容として破損、清掃、性能、警報チェックなど点検クリアーした機器のみを 貸し出しするようにしており、さらに各機器は定期的にオーバーホールを行い、 より厳密に点検することで劣化部品などを交換し安全に使用できる状態にしています。 また毎日、人工呼吸器が異常なく正常に作動しているか各病棟のラウンドを行なっています。

 中央管理業務
血液浄化業務

人工透析センターには水処理装置、透析液供給装置、透析治療装置などがありこれらの機器の保守・管理を行っています。
透析療法では血液と透析液が膜を介して接触するため、水質管理が重要です。水の清浄化を左右する水処理装置の管理として、ループ式配管の設置、定期的な水質(エンドトキシン)測定、劣化部品の交換、ROタンクの消毒・洗浄などをすることで水の清浄化を保っています。透析液は濃度を厳重に管理し、エンドトキシンカットフィルターに通すことで患者さんにより安全な透析液を供給しています。安全に安心して業務が行えるように看護師と協力し業務改善にも力を入れています。 また先日起こった、福岡県西方沖地震を教訓に水処理装置の固定や配管の変更などの安全対策を実施しています。

 血液浄化業務

このページのTOPへ