病院について

HOME> 病院について> 管理部の取り組み

安全管理部の取り組み

医療安全管理指針

基本理念

 患者への安全な医療の提供及び病院職員の安全を確保し、 可能な限り病院としての質の高い医療を保障する。
 また、白十字会の基本理念・基本方針に基づき、教育・訓練を通し、 安全な医療の提供のあり方、さらに事故報告(アクシデント)、インシデント報告制度を推進しその分析、評価から業務改善、教育の検討と 組織上の問題なども明らかにし、改革を促進する。

医療安全管理者からメッセージ
安全管理部 部長 (平野副院長)

医療のもたらす結果は本来不確実なものであり、この認識が近年、 医療先進諸国における医療の目標を「病気を治す」から「患者のQOLを改善する」へと 変化させてきました。しかしながら、医療を受けるサイドからは当然ながら 「病気を治す」事を期待されることに加え、安心して受けられる「良い医療・質の高い医療」 であることが、さらに最近では医療安全への関心の高まりから、「良い医療・質の高い医療」は 「安全な医療」と同義語でなければならないとまで言われるようになってきています。 このような要請に答えるべく、白十字病院では、医療安全管理委員会を中心に全職員一丸となって、 「安全で質の高い医療」を提供していきたいと考えております。

医療安全管理委員長 (平野副院長)
安全管理部 課長 (松永看護課長)

「患者安全活動」を中心に、 患者さん、来院者、職員の安全で安心な療養環境、職場環境の維持・改善に努め、 日常の事故防止や安全活動を実務的に担当しています。 安全管理者として、トップダウンとボトムアップの調整を図り、医療安全管理委員会を中心に 医療安全推進部会・セーフティワーキンググループによる活動を通し、患者さんが安心して医療を受けられること、 そして職員が安全な医療を提供できるように調整・支援していきたいと考えます。 白十字病院では、医療安全をより確実なものとする目的で7月12月を「安全・安心いっぱい!月間」と定め、 全職員が更に安全に対する意識を高め、より安全で質の高い医療の提供を目指し取組んでいます。

7月・12月は『安全・安心いっぱい!月間』

近い将来、高齢化社会を迎える中で、診療の現場においては今後リスクの高い患者が多くなり期待通りの治療結果がますます得られにくくなる事が予想されます。  医療のもたらす結果は本来不確実なものであり、この認識が医療先進諸国における医療の目的を「病気を治す」から「患者のQOLを改善する」へと変化させてきましたが、医療を受けるひとたちからは「病気を治す」事を期待されるだけではなく、真に患者が求めている医療サービスとは安心して受けられる「良い医療・質の高い医療」であると言われるようになり、さらに最近では医療安全への関心の高まりから、「良い医療・質の高い医療」は「安全な医療」と同義語でなければならないとまで言われるようになりました。
このような流れを受けて、白十字病院では、全職員が一丸となってこれまでも、「安全な医療」の提供できる環境作りに努力して参りましたが、今後、さらに各論的に確実に医療安全対策を立て、実行することを目的として、医療安全管理委員会の中に1)医療品管理部会 2) 処置・チューブトラブル検討部会 3) 転倒・転落防止部会 4) 癌化学療法部会 5) 医療機器管理部会の5部会を発足させました。これら部会の活動を通じて全職員の医療安全思想を醸成し、それによって更に安全で質の高い医療を提供していきたいと考えます。
(医療安全管理委員長 平野 直史)

7月は安全・安心いっぱい月間

2005年より、医療安全に対する意識の向上を図る目的で、推進月間期間中全職員がバッヂの着用を行っています。

このページのTOPへ