病院について

HOME> 病院について> 病院の特徴

病院の特徴

地域医療支援病院

白十字病院は「地域医療支援病院」です。

地域医療支援病院について

当院は、平成24年7月27日より地域医療支援病院として福岡県から承認されました。

地域医療支援病院とは

地域医療支援病院とは、地域医療において「紹介患者さんに対する医療提供、医療機器等の共同利用の実施等を通じて、かかりつけ医を支援する能力を備え、地域医療の確保を図る病院としてふさわしい構造設備等を有する」病院の事です。
当院は、福岡県知事より平成24年7月27日に承認を受けました。

地域医療支援病院は次のような役割を担っています。

  • (1) 24時間体制による救急医療の提供
  • (2) 紹介された患者さんに対し医療を提供し、かつ、当院の建物全て(設備・機器等)を共同で利用できる体制
  • (3) 地域の医療従事者の資質向上を図るための研修開催
承認用件
病床数
・200床以上
紹介患者に対する医療の提供
・他の医療機関からの紹介患者の比率(紹介率)及び他の医療機関への紹介した患者の比率(逆紹介率)が以下のいずれか
1.紹介率80%以上
2.紹介率40%以上、逆紹介率60%以上
3.紹介率60%以上、逆紹介率30%以上
(当院は2.を達成)
施設・機器の共同利用
・登録医
・開放病床
・検査予約(CT、MRIなど)
地域の医療従事者のスキルアップのための研修
・講演会、研修会
・研究会、カンファレンス(症例検討会)など
救急医療の提供
・24時間の救急患者受入
・優先病床確保
・救急用自動車配置
必要な施設・設備
・ICU
・化学、細菌検査室
・研究室、図書館など

救急医療体制

救急告示病院として救急体制を強化(内科系医師、外科系医師の2名当直制に加え診療各科の担当医の常時即応体制。診療放射線技師、臨床検査技師の当直体制による緊急検査への即応体制。救急処置室の高機能化)し、地域のニーズにお応えいたします。

高度医療機器

CT、MRI、体外結石破砕装置(ESWL)、超音波診断装置などをはじめとして多くの高度医療機器を用いることにより、専門的な検査、手術ならびに緊急を要する各疾患に対しても迅速かつ正確に対応できるよう、質の高い治療を提供しています。
高度画像センター

開放型病院

当院は、平成9年9月に開放型病院として福岡県から承認されました。

開放型病院とは

病院の施設・設備を開放し、診療所・開業医の先生方に利用していただく病院の事です。
登録医(事前申請要)の先生方の紹介で当院に入院されますと当院医師と登録医の先生と共に共同指導として治療や検査が受けられ、入院前から退院後の治療が一貫して受けられます。

登録医について

開放型病院をご利用いただくためには「登録医」になっていただく必要があります。
登録医ご希望の際は申請の手続き等の説明をさせていただきます。
地域医療連携部までご連絡下さい。

直通TEL:092-891-2558
受付時間:平日9:00~17:00

登録医療機関一覧

登録医医療機関一覧リスト

療養型病床

急性期病棟に加え療養型病床として療養型病棟、脊髄損傷などの重度障害者や重度の意識障害者、重度の神経難病の方を対象とした特殊疾患病棟を開設しています。

アメニティ

患者さんの療養環境はもとより職員の就労環境、火災防止の観点から全館の禁煙を実施しております。また、快適な療養生活を送っていただくため医療情報プラザ、レストラン(カフェテリア方式)、休憩や談話のためのラウンジ、ゆっくり入浴いただく為のいやし湯などのサービス施設を充実させています。
サービス施設のご案内

このページのTOPへ