病院について

HOME> 病院について> 社会貢献活動

社会貢献活動

白十字会では、医療機関として、地域社会に対する貢献活動に取り組んでいます。

活動内容

1. エコウォーキング

毎年3月に白十字病院周辺のエコウォーキングを開催しています。
4.2kmコースを春の日差しを受け、地域の方々の温かい声掛けと心地よい汗をかきながらゴミを集めています。

2. TFT(TABLE FOR TWO)

現代、"豊かな食"により引き起こされる肥満や生活習慣病が先進国を脅かしている一方で、十分な食に窮している地域や国が存在しているのも事実です。
世界では食の不均衡が発生し、"肥満"と"飢え"による"飢餓"が同じ世界で存在しています。
この状況を解消しようと始まったのが日本発の社会貢献運動"TABLE FOR TWO"です。

この取り組みは、1つの食卓(TABLE)-先進国での過剰な食事を健康的な食事へと置き換え、その余剰分がもう1つの食卓(TABLE)-開発途上国の食(学校給食)へと生まれ変わることを意味しており、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組むことを目的としています。

当院でもこの取り組みに賛同

当院でもこの取り組みに賛同し、(株)サンマーチにご協力頂き平成21年3月2日から5階カフェテリア「ジュディー」にて活動に参加しています。
予め指定されたメニュー(パスタランチ)をご購入頂くと、その売り上げの一部(1食あたり20円)が開発途上国の支援目的としてNPO法人TABLE FOR TWOへ寄付されます。
この寄付金は、開発途上国の子供たちの給食1食分となり、また、その給食は子供たちが学校で教育を受けるという原動力となります。

ご自身の健康の為に、また栄養を必要としている開発途上国の子供たちの為に、当院5階カフェテリアご利用時には是非この取り組みにご参加頂ければと思います。

TABLE FOR TWOプログラムに参加しての寄付実績
年度 食数 寄付額
H26年度 3,519食 70,380円
H27年度 3,503食 70,060円
H28年度 3,903食 78,060円
TABLE FOR TWO
日本発で始動し、日本発の社会貢献として徐々に世界へ展開、日本国内では給食事業と啓蒙事業などの活動を行っている。
3. 社会貢献自動販売機設置

この自動販売機は、地域の皆さまに、ご購入頂くことで1本あたり2円の支援金として寄付されます。
これらは、「スペシャルオリンピック日本・福岡」の活動支援、「日本対がん協会」の基金活動へ活用されます。

社会貢献自動販売機での寄付実績
年度 ピンクリボン募金額 スペシャルオリンピック募金額
H26年度 23,032円 28,906円
H27年度 20,494円 23,274円
H28年度 25,528円 19,584円
4. 院外ボランティア講座
5. ECOプロジェクト参加(テープ巻き芯回収リサイクル)

セロハンテープや医療用テープの巻き芯を集めて株式会社ニチバンに送付すると、ダンボールにリサイクルされたり、マングローブの植樹活動に役立てられるというECOプロジェクトに参加しています。

6. 地区行事への救護チーム派遣

学校・障害者施設などの行事への協力(熱中症対応)、大会などの救護対応

7. キッズ職場体験

子供参観日として夏休みを利用して、子供達に医療の現場を体験して頂きます。人間の体のしくみを学んだり、実際の医療機器を扱ったり、患者体験をして頂きます。

このページのTOPへ